中耳炎 さいたま市大宮区の大宮駅前耳鼻咽喉科クリニック

さいたま市大宮区の大宮駅前耳鼻咽喉科クリニック

048-658-3387 (休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日)

平日 : 9:30〜13:00/15:00〜18:30

土 : 9:30〜13:00

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-180 Coffre ビル2F

当日順番予約はこちら

午前診療・午後診療ともに

午前 7:00 ~

中耳炎

中耳炎とは

耳は入口から順に、外耳、中耳、内耳の 3 つに分類されます。中耳は鼓膜から奥につながる部分をさし、ウイルスや細菌によって炎症が起きている状態を中耳炎といいます。ウイルスや細菌は、耳の外側からではなく内側から入ってくるため中耳で炎症が起きることがあります。

中耳炎の種類

中耳炎には急性中耳炎と滲出性中耳炎の2種類があります。ここではそれぞれの中耳炎について、特徴と治療方法を説明します。

急性中耳炎

鼻水の中にいるウイルスや細菌が中耳に入り込み炎症を引き起こす病気で、5〜6歳ごろまでの子どもさんに多い症状です。中耳と鼻は耳管と呼ばれる細い管でつながっており、子どもさんの耳管は、太くて短く、水平に近いためウイルスが中耳に入り込みやすくなります。成⻑するにつれて発症しにくくなります。

急性中耳炎の症状

・発熱

・耳だれ

・耳痛

・耳閉感

が見られます。

急性中耳炎の治療

中耳の炎症を抑えるための薬や場合によっては抗菌薬を処方します。鼻水が溜まっていると、ウイルスや細菌が再び入り込みやすくなるので鼻水をよくかむようにしてください。

小さいお子様の場合は鼻水吸引も行うことも有効ですので、鼻吸いだけでもご相談ください。

滲出性中耳炎

鼓膜の中に滲出液という液体が溜まる病気です。耳管は鼻とつながっており、鼓膜の内側と外側の気圧を調整する機能を持っていますが、耳管に鼻水などが溜まると気圧を調整することができなくなり鼓膜がへこんだ状態になります。この状態が続くと滲出液が溜まり、滲出性中耳炎を発症します。

この他にも、急性中耳炎を繰り返していると、滲出性中耳炎になることもあります。

滲出性中耳炎の症状

・難聴

・耳閉感

・耳鳴り

滲出性中耳炎の治療

滲出性中耳炎は抗菌薬や抗アレルギー剤、去痰薬を処方して治療します。滲出液が出やすくなるように、耳管に空気を送る通気という治療を行うこともあります。症状が悪化したり⻑期にわたっている場合には、鼓膜に⽳をあけたり、開けた⽳にチューブを通して滲出液の排出をします。鼓膜に⽳をあけると聞くと、耳が聞こえなくなるんじゃないかと思われる方もいらっしゃいますが、鼓膜は時間経過とともに自然に塞がっていくので聞こえなくなるということはありません。

滲出性中耳炎は痛みが少ないため、痛みのない中耳炎と言われることがあります。子どもさんの場合、呼びかけに反応がない、声が大きくなる、テレビの音量を大きくしがちといった傾向にも注意が必要です。

急性中耳炎、滲出性中耳炎どちらでも耳が詰まっている感じや聞こえにくくなるといった症状が特徴的です。最近聴こえが悪くなったなと感じたら、早めの受診をおすすめします。

アクセス・診療時間

Access・Consultation hours
診療時間 日・祝
9:30 ~ 13:00 / /
15:00 ~ 18:30 / / /
大宮駅前

耳鼻咽喉科クリニック

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-180 Coffre ビル2F
アクセス:大宮駅西口 徒歩3分

Tel. 048-658-3387

(休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日)