音の聞こえの異常 耳管狭窄症 さいたま市の大宮駅前耳鼻咽喉科クリニック

さいたま市大宮区の大宮駅前耳鼻咽喉科クリニック

048-658-3387
6月より毎週水曜日診療致します。(休診日:土曜午後・日曜・祝日)

平日 : 9:30〜13:00/15:00〜18:30

土 : 9:30〜13:00

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-180 Coffre ビル2F

当日順番予約はこちら

午前診療・午後診療ともに

午前 7:00 ~

耳管狭窄症

音の聞こえる仕組み

耳の構造は外側から鼓膜までを外耳、鼓膜の内側で音の聞こえを調整する場所を中耳、音を脳に伝えるための内耳に分かれています。中耳は通常空気で満たされており、空気の量を調整して音の聞こえ方を調整しています。

飛行機に乗ったり、高速道路でトンネルに入った時に耳が痛くなったり突っ張った感じがするのは、外耳側と内耳側の空気圧に差が生まれ鼓膜が引っ張られることが原因で起こります。中耳の空気圧は、中耳と鼻咽腔(鼻の奥)をつなぐ耳管と呼ばれる管のような器官が調整しています。

耳管狭窄症とは

耳管狭窄症とは、何らかの原因で耳管が細くなり中耳内の空気圧をうまく調節できなくなる病気です。耳管に炎症が起きている場合や腫瘍ができている場合があり、音の聞こえ方に影響を及ぼします。

症状

・自分の声が重なって聞こえる

・自分の話し声が認識しづらくなる

・耳が詰まったような感じ(耳閉感)

・呼吸音が響いて聴こえる

などの症状を特徴とします。

原因

風邪や副鼻腔炎によって、ウイルスや細菌が耳管に炎症を引き起こすことが原因です。また、耳管や耳管周辺に腫瘤ができていることが原因で耳管を圧迫して狭くなっていることもあります。

治療

まずは聴力検査や中耳内の空気圧を調べる検査をして、聴こえや中耳の状態を確認します。鼻に細い管を入れて鼻咽腔から中耳に空気を送り込む、耳管通気と呼ばれる治療を行います。空気を送ることで、塞がった耳管を広げ聞こえが改善する場合があります。

風邪や副鼻腔炎などの感染症が原因の場合、そちらを治療することで症状の改善をしていきます。抗菌薬を処方することもありますが、ウイルス性の感染症が原因となっている場合は抗菌薬が効かないため当院では必要な場合に最低限の処方をしています。

注意していただきたいこと

音の聞こえ方に異常がある場合、日々の生活におけるコミュニケーションをとりづらくさせるなどの影響があります。コミュニケーションが不便になることでストレスが溜まり抑うつ症状を引き起こすこともありますので、声や音の聞こえ方に異変を感じたらお早めに当院にご相談ください。

アクセス・診療時間

Access・Consultation hours
診療時間 日・祝
9:30 ~ 13:00 / /
15:00 ~ 18:30 / / /
大宮駅前

耳鼻咽喉科クリニック

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-180 Coffre ビル2F
アクセス:大宮駅西口 徒歩3分

Tel. 048-658-3387

6月より毎週水曜日診療致します。(休診日:土曜午後・日曜・祝日)